性行為だけではない感染源

性病と言えば性行為を通して感染するものとして知られていますが、その全てが性行為を経てうつるものではありません。
性病は主に菌やウイルスからうつるものであり、それらは感染源を離れても生きている場合があります。
従って、性行為以外の原因から性病に感染する事も有り得るのです。

性器ヘルペスは感染力が強い事で知られ、感染源が使用した椅子やタオルを共有する事で性行為以外でも人にうつってしまう場合があります。
特に女性は免疫力が低下している時にはヘルペスにかかりやすいですから、気を付ける必要があります。

また直接的に生殖器や精液などの分泌液に触れていなくても、血液などを通じて感染してしまう性病も存在しています。
なかでもHIVは有名です。

また、性病を起こしているのが毛ジラミなどの原虫である場合は、性行為以外にも感染しやすいものです。
感染源が利用した浴室に原虫が落ちている場合、家族全員が感染する事もあると言われるほど感染力が高いものなのです。

性病を発症させる感染源は、一般的に思われるよりも長く生き残り、私達の生活の様々なところに存在しています。
性器カンジダの真菌や口唇ヘルペスは日常的に私達の周りに存在しているものであり、免疫力が低下した際にあっと言う間に発病する場合があります。