トリコモナスの感染経路は身近にある

今や成人男女の5人に1人が何らかの性感染症に感染しているというデータがありますが、そのような中で大変身近な感染症として多くの人がかかっているものがトリコモナスなのです。
トリコモナスは老人や子供でも感染をする危険性があるものであり、身近なものが感染経路となっているので注意が必要です。
例えば温泉や公衆浴場、飲食店や施設の公衆トイレといった場所も感染経路となります。
また感染している人が使ったタオルや毛布といったものを使うことで、自らもトリコモナスに感染をしてしまうことがあるのです。

そしてトリコモナスの感染経路としてもっとも多いものが、性交渉による感染です。
この病気の原因となる原虫は水で洗い流すことができないため、簡単に感染をします。
したがって、決まった相手とだけ性交渉を持つことが重要となるのです。
複数の人と交渉を持つことにより、当然のことながら感染をする確率が高くなるので注意をすることが求められます。

治療をしないでいると、トリコモナスは体内で生き続けることになるので何かの刺激やきっかけによって発症をします。
そして感染をした人が性交渉を持つことにより相手にも感染をさせることとなるので、こういった感染症を防ぐためにもコンドームを正しく利用することが大切です。

トリコモナスにもバラシクロビルは効くのか

感染していることがわかってはいてもなかなか病院に行くことが出来ない病気、それが性感染症です。
性感染症を軽く見ていたり、性感染症を恥ずかしいと思って病院に行くのを躊躇することが多いのですが、そのまま放置していても完治することはなく、やがては重症化してしまうこともあります。
そこで最近多くの人が利用しているのはインターネットでの薬の購入です。
インターネットでは様々な物が販売されていますが、性感染症に効く薬も手に入るので恥ずかしい思いをすること無く治療することが出来るということで利用する人が増えているのです。
多く使われている薬の一つがバラシクロビルです。
これは性感染症の中でも多くの割合を占めているヘルペスに効く薬であり、ヘルペスウイルスの増殖を抑えてくれるので、ウイルスが少ない初期に使うと特に効果的です。
バラシクロビルはとても便利な薬ではありますが、性感染症を治療するにはこれを飲めば良いというわけではなく、あくまでもヘルペスウイルスに対して効果のある薬です。
性感染症といってもいくつかの種類があり、例えばバラシクロビルを服用したからといってトリコモナスは治療することは出来ません。
性感染症を確実に完治させたい場合は、医師の診察を受けてから薬を処方して貰うようにしましょう。