バラシクロビルについて

バラシクロビルとは、主成分がバラシクロビル塩酸塩で、ヘルペウイルスの増殖を抑えるために利用されるお薬です。
効能があるのは、単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペスや水疱瘡などです。
ウイルスは細菌よりも小さく、他の生物の細胞内で増殖します。
このうち、ヘルペスウイルスの仲間は、皮膚や粘膜に水ぶくれを作ります。
水痘、帯状疱疹ウイルスがその代表格です。
バラシクロビルは、そのような悪さをするウイルスに効果のある抗ウイルス薬です。
増殖を抑える薬ですので、ウイルスの少ない発症初期や、治療初期に用いることで、症状が悪化するのを防ぐことが出来ます。
ウイルス感染細胞内で成分が活性化することで、ウイルスのDNA鎖の伸長を停止させ、ウイルスDNAの複製を阻害することが出来るのです。
アシクロビルのプロドラッグなので、体内で抗ウイルス作用を持つアシクロビルに変換されて、効果を発揮します。
吸収効率が良いため、1日1~3回の服用で、効果を得ることができ、第2世代の抗ウイルス薬とされています。
服用についての注意点ですが、持病やアレルギーのある人は、事前に医師に相談しましょう。
服用中の薬がある人や、妊娠中の人も、必ず医師にその旨を伝えます。
また、この薬は、腎臓の悪い人や高齢の人は、薬の排泄が遅れがちとなるため、服用する感覚を延長するなどして、慎重に扱いましょう。
薬の併用ですが、痛風の薬であるプロベネシド、胃の薬であるシメチジン、免疫抑制薬のモフェチル等を服用しているときは、注意します。
副作用についてですが、比較的少ない方です。
あるとしても、めまいや頭痛、下痢や吐き気などの胃腸症状、発疹などの皮膚症状などです。
意識障害や精神変調を起こさないためにも、過剰摂取は厳禁です。